オークワ広報
2011年9月9日

台風12号災害対応状況について

台風12号において被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

台風12号の影響により9月4日(日)から休業しておりました、オークワ古座川店(和歌山県東牟婁郡古座川町)は、9月9日(金)に営業を再開させていただきました。これにより、営業を中止しておりました3店舗すべてが営業を再開することとなりました。これまでご不便をお掛けいたしました地域の皆様にはお詫び申し上げます。

このたびの台風12号災害におきましては、河川の増水からオークワ新宮駅前店(和歌山県新宮市)、プライスカット神倉店(和歌山県新宮市)、オークワ古座川店の3店舗が浸水被害により、9月4日(日)より営業を中止いたしました。特に、古座川店は店内商品、設備機器のほとんどが損傷するなど大きな被害を受けました。弊社におきましては、これら3店舗の早期の営業再開に向け全社を挙げて取り組みました。

一方で、寸断されたライフライン、交通網の麻痺など、広範囲における深刻な状況の中、和歌山県、奈良県、三重県の各自治体の要請に基づき、孤立地域、避難所への飲料水、おにぎり、お弁当、パン、紙おむつ、粉ミルク、衣料品など救援物資の優先確保、調達を実施しております。各自治体からの要請については、被災地域の皆様の生活支援のために継続的かつ全面的に協力を実施してまいります。また、9月8日(木)からは当社と当社グループの5社247店舗におきまして、義援金の募金活動をはじめております。

オークワは、スーパーマーケットとして、地域の皆様へ必要な商品をお届けするという使命を果たすとともに、地域社会に貢献すべく、被災地域の皆様の生活復興に向け、少しでもお役にたてるよう各店舗、本社一丸となって努力してまいります。

以上