2011年4月

「オークワ高槻大塚店」オープンについて
株式会社オークワは、4月8日(金)大阪府高槻市に「オークワ高槻大塚店」をオープン致します。
「オークワ高槻大塚店」は、食料品を中心にオークワならではの『低価格・良品質・安全・安心』をキーワードに毎日のお買い物に『楽しさ・驚き・感動』をご提案致します。
地域密着企業『オークワ』は、『鮮度第一主義・豊富な品揃え』を合言葉に地域の皆様にご愛顧頂けますよう努めてまいります。
「オークワ高槻大塚店」は当社の主力業態であるレギュラー業態SSM(スーパー・スーパーマーケット)での出店です。またオークワ和泉小田店(大阪府和泉市)に次ぐ導入となる、惣菜バイキング「グリーンズK」も同時オープン致します。
「オークワ高槻大塚店」はオークワとしましては152店舗目となります。大阪府では22店舗目となります。
以下、その概要をお知らせ致します。

【店舗概要】  

店名   オークワ高槻大塚店
所在地   〒569−0034
大阪府高槻市大塚町5丁目1番5号
TEL   072−675−3472
FAX   072−675−3473
開店日時   プレオープン  平成23年4月7日(木) 9:00〜22:00
グランドオープン 平成23年4月8日(金) 9:00〜22:00
建物構造   鉄骨造り2階建て
店舗規模   敷地面積   8,111m²(2,453坪)
建物延床面積 4,786m²(1,448坪)
直営売場面積 2,062m²(  624坪)
駐車台数   154台(平面87台・2階67台)
営業時間   9:00 〜 22:00
年間休日   なし
年商予定   20億円
店長名   川端 浩之(かわばた ひろゆき)
従業員数   68人(社員11人、パート・アルバイト8H換算57人)

【店舗ロケーション】  

大阪府高槻市は大阪府北摂地域に位置する中核市です。政令指定都市である大阪市と京都市の中間に位置し、ベットタウンとして発展しています。(2011年2月末人口358千人)
交通網も整備され、主要国道(大阪外環状線)170号線・171号線は大動脈的な役割を果たしています。JR京都線や阪急京都本線は「高槻駅」から10分〜15分間隔で運行されており利便性が高くベットタウンとしての重要な役割を担っています。
オークワ高槻大塚店は市内を南北に走る国道170号線に面しており、「枚方大橋北」交差点より北に約800mの距離に立地しています。

【店舗周辺図】  

店舗周辺図

【店舗への導入図】  

店舗への導入図

【フロア図】  

フロア図

【商圏】  

  世帯数(世帯) 人口(人)
一次商圏 9,000 22,500
二次商圏 11,300 26,000
合計 20,300 48,500

【店舗構成】

  • 低価格・良品質と鮮度・味にこだわり、安全・安心を考え健康的で美味しい食料品をご提供します。地域の食文化・食生活・生活習慣に根付いた品揃えを目指します。
  • 『魚のオークワ』を徹底的にアピールし、魚の魅力を再発見頂ける売場作りを目指し、鮮度にこだわった「本当においしい魚」をお届けします。
  • 農産売場には、当社お馴染みのナンバーワンカテゴリーコーナー「トマト畑」「バナナ王国」をはじめ、鮮度第一をモットーに豊富に品揃致します。
  • 畜産売場では、幅広い品揃えでメニュー提案を実施します。
  • 惣菜売場では店内加工商材の強化により、出来立て・ホット感を演出します。
    できたてお惣菜バイキング「グリーンズK」を導入致しました。
  • 日配売場では、自社食品工場商品を積極的にアピールすると同時に、地元商材の品揃えも充実しました。
  • 生活関連商品は、利便性の高い日用品・家庭台所商品を中心に品揃えを実施しました。また、薬品コーナーを設置し地域密着度を高めます。
  • セルフレジを4台導入致します。(51店舗目:266台)

【環境への取り組み】  

資源の有効活用と省資源活動を行い、環境に優しいお店作りを行なっています。
・牛乳パック、食品トレーの回収を全店舗で行なっております。
・古ダンボール、魚箱発泡スチロール、廃油についても回収を行い、リサイクル資源として活用しています。
以上