2006年7月

日本政策投資銀行の防災格付で最上位ランクの評価
〜 オークワの防災対策が評価されました 〜

このたび株式会社オークワは、日本政策投資銀行の「防災対応促進事業」(防災格付)融資制度の適用を受けました。
本制度の適用による融資は、関西地域第1号(全国で3番目)であり、小売業としましては全国初となります。

今回の融資にあたっては、当社の安全・安心な暮らしの実現を目標とする一連の取り組みが、現在計画中の対策を含めて日本政策投資銀行より高く評価され、評価ランク中最上位となる「防災への取り組みが特に優れた企業」として、最優遇金利の適用を受けました。


当社の防災に対する取り組みについて(格付理由)の一例

従来からお客様の安全を最優先に防災体制の整備を実施
東南海・南海地震対策プロジェクトチームを発足し、地震・津波に対する店舗の安全性確保に取り組む。
また、付随する地震保険への加入・情報システムの安全確保・物流システムの構築等を進める
1府3県(大阪府・和歌山県・奈良県・三重県)との間で『災害時における緊急物資調達についての協定』を締結
和歌山県においては『災害緊急備蓄センター』を設置し、万一の際は無償で供与 (別途限度額設定)
津波を想定した避難訓練の実施など、従業員の危機管理意識の徹底      等


今般の融資は、オークワ串本店における津波被害も想定した耐震補強工事の実施、システム回線の二重化等の防災対応事業を対象に実施されるものです。当社は、従来からの取り組みと合わせて、災害時のお客様の安全確保や、営業の継続による地域住民への生活必需品の安定供給等の防災体制をより一層強化して参ります。
 
 


以上